定期預金をするメリットとは

これだけは知っておきたい定期貯金

年金受給者向けの金利優遇サービス付き定期預金


預金商品は各金融機関によって、様々なサービスが出揃っており、かつ充実してきています。特に、年金受給者をターゲットにした優遇サービス付きの定期預金などが多くあります。退職金からまとまったお金を預けると、金利が優遇される定期預金もありますし、公的年金受取口座にその金融機関に指定すれば、定期預金の金利が上乗せされるタイプもあります。年金受給者向けの金利優遇サービス付き定期預金のようなサービスは、店頭に表示された金利に、サービス金利を上乗せしています。

その対象者となるのは、国民年金、厚生年金、共済年金などの年金受給者のなかで、そのサービスを行っている金融機関で年金の振込手続きを行った受給者です。優遇措置により上乗せされる利率は、金融機関によって差がありますが、一般的には0.1%から0.2%ぐらいです。多いところでは0.5%といったところもあります。その取り扱いの期間は限定されることが多く、期間は1年以内です。ですが元金継続できるタイプもあります。その上限金額に関しては、100万円から200万円以内から、中には1,000万円くらいまで可能としている金融機関もあります。預入先に関しては、基本的には年金の受取口座のある1店舗になります。


コメントを受け付けておりません。