定期預金をするメリットとは

これだけは知っておきたい定期貯金

大口定期預金


大口定期預金はまとまった資金を預けて運用する自由金利型定期預金です。預入金額は1000万円以上からで1円単位となっています。預入の方法は一括で預け入れとなります。金利は固定金利ですので満期日の利率ではなく預入時の利率が適用されます。この定期預金の利率のポイントは提示されている金利を交渉次第で上乗せできることです。店頭に表示されているものは最低金利のものです。運用方法は金利が低い時や上昇しているときは預け入れ期間を短めにします。

金利が高値の時やこれから下降すると考えられるときは預け入れ期間を長くします。こうすることで高い利回りで運用できます。ただし、中途解約する場合は中途解約利率が適用されます。運用している金融機関は銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫などです。預け入れ期間は金融機関により異なります。だいたい1カ月~10年以内になります。利息の支払いは運用期間が2年未満であれば満期時に一括で支払われます。運用期間が2年以上であれば1年ごとの応答する日に支払われます。税金は20%源泉分離課税となります。1,000万円までの預金保険制度の対象となっています。総合口座とセットにすると自動借り入れもできるようになります。


コメントを受け付けておりません。