定期預金をするメリットとは

これだけは知っておきたい定期貯金

定期預金にも様々な種類がある


定期預金には様々な種類があるので、特性をよく知ってその預金をするときに最も有利な定期預金を選ぶことが大事です。また特徴をよく知っておくことが資産形成には重要になってきます。スーパー定期預金には満期があって、銀行や信用金庫や信用組合などの最も一般的な金融商品です。期間は1ヶ月から最長で10年までありその期間の引き出しは原則的には禁止になりますが、その分普通預金より有利な金利が設定されていて最も馴染みがある金融商品といえます。

期日指定定期預金はお金を預けてから1年間経過すれば、いつでも引き出すことが出来る自由度の高い定期預金です。1年間を経過した時に満期日を任意で決定すれば、その金利が満期日まで継続されます。期日指定定期預金は最長で3年です。また利息は1年複利のために長く預けるほど有利という特徴があります。変動金利定期預金は文字通り金利が変動する定期預金です。金利が上昇傾向にある場合は固定金利の金融商品より有利になるという特徴がありますが、逆の場合は不利になってしまいます。金利の見直しは6ヶ月が多く、預入期間も金融機関で違いがあります。預入する際の経済情勢でどの金融商品を選ぶか決めることが重要です。


コメントを受け付けておりません。